公益社団法人滋賀県宅地建物取引業協会は、会員約850社の県下最大の不動産団体です。

公益社団法人滋賀県宅地建物取引業協会 公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会滋賀本部

文字の大きさ

ハトマークサイト

トップページ > 滋賀県宅建協会からのお知らせ > お知らせ > 宅地建物取引業法施行令及び宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方の一部改正について

滋賀県宅建協会からのお知らせ

一覧に戻る

お知らせ

宅地建物取引業法施行令及び宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方の一部改正について

「都市再生特別措置法等の一部を改正する法律」が平成28年9月1日に施行されるのに伴い、「都市再生特別措置法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令」において、「宅地建物取引業法施行令」が改正され、同日施行されます。

また、「賃貸住宅管理業者登録制度」について、平成27年度に国土交通省が設置した「賃貸住宅管理業者登録制度に係る検討委員会」でのとりまとめを踏まえ、宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方(ガイドライン)が改正され、同年9月1日に施行されます。

つきましては、下記の関連資料をご確認ください。

○ 宅地建物取引業法施行令及び宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方の一部改正について

○ 別紙1 都市再生特別措置法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令案 新旧対照条文

○ 宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方(平成13年国総動第3号)新旧対照条文

○ (参考)災害時にエネルギーを継続供給するための協定制度の創設

以上