公益社団法人滋賀県宅地建物取引業協会は、会員約850社の県下最大の不動産団体です。

公益社団法人滋賀県宅地建物取引業協会 公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会滋賀本部

文字の大きさ

ハトマークサイト

トップページ > 滋賀県宅建協会からのお知らせ > 会員向け > 森林法に基づく届出制度について

滋賀県宅建協会からのお知らせ

一覧に戻る

会員向け

森林法に基づく届出制度について

 林野庁より森林法に基づく「森林の土地の所有者となった旨の届出」制度につきまして、無届出取引の防止の観点から制度についての周知依頼がございましたので、本制度の概要を記載しました下記資料をご確認、ご活用くださいますようご案内いたします。

 本制度は、平成24年4月1日に施行され、個人・法人、面積に関わらず、売買契約のほか、相続、贈与、法人の合併等により新たに森林の土地の所有者となった場合、土地の買受者や相続人が届出を行うこととなっております。

 

 1 リーフレット 「森林の土地を取得したときは届出が必要です」

 2 機関紙掲載文イメージ

 

 

 ≪本件に関するお問い合わせ先≫

  林野庁森林整備部計画課森林計画指導班

  課長補佐 松本様

  森林調査技術専門官 土屋様

  ℡:03-6744-2300     fax:03-3593-9565

 

≪当該制度関連URL(林野庁)≫

  http://www.rinya.maff.go.jp/j/keikaku/todokede/