公益社団法人滋賀県宅地建物取引業協会は、会員約850社の県下最大の不動産団体です。

公益社団法人滋賀県宅地建物取引業協会 公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会滋賀本部

文字の大きさ

ハトマークサイト

トップページ > 滋賀県宅建協会からのお知らせ > 会員向け > 宅地開発許可制度における提案基準の一部改正について(大津市からのお知らせ)

滋賀県宅建協会からのお知らせ

一覧に戻る

会員向け

宅地開発許可制度における提案基準の一部改正について(大津市からのお知らせ)

 大津市では都市計画法第34条第14号に該当するものとして、提案基準が設けられています。このたび、市街化調整区域における開発許可の適正化と明確化を図るため、この提案基準の一部が改正されました。

 大津市都市計画部開発調整課より周知依頼がございましたので、ご案内申し上げます。

 

 

1.改正した提案基準の項目

  ・提案基準22-1(外部リンク改正対照表) アスファルトコンクリート廃材、コンクリート廃材等の破砕施設について

  ・提案基準22-2(外部リンク改正対照表) 産業廃棄物処理施設(中間処理施設)の付属建築物について

2.改正点  外部リンク改正対照表のとおり

3.改正後  別紙のとおり

4.改正した提案基準の項目の施行日

 この基準は、平成26年4月1日から施行適用します。ただし、施行日の前に大津市開発事業の手続き及び基準に関する条例第4条に規定する事前協議、または都市計画法第43条第1項に基づく建築許可に該当するもので大津市産業廃棄物の適正処理の推進に関する要綱第5条に基づく事前協議が開始されている開発事業については、なお従前の基準によります。

5.その他

 改正内容については大津市ホームページ(外部リンク)に掲載しています。また、基準書を購入される方には、購入の際、改正対照表と改正した提案基準をお渡ししています。

以 上